アドセンス収益は溯り課税される?

アドセンスの収入が増えてきたら考えたい起業、法人化。税金対策や実際にあった税務署からの御用聞きなどの体験をお伝えします。

HOMEアドセンス収入の確定申告|アドセンス収益は溯り課税される?

アドセンス収益は溯り課税される?

アドセンスの報酬はちゃんと申告していないと。。

溯り(さかのぼり)課税されます。

溯り課税。。(過去にさかのぼって税金を支払うこと)

怖い言葉ですね。税務調査に入られた場合。

最近では「はい、わかったから管理画面見せて!」

と税務調査員に言われるそうです。
有無を言わさず、あなたのグーグルアドセンスの管理画面をぽちぽちとチェック
(最近の税務調査員はアドセンスやASP管理画面にも詳しくなってるらしいです。)

過去にさかのぼり、報酬を確認。

『これ申告してないですよね?』

この一言で、申告をしていなかった場合、追徴課税が発生します。

これを防ぐためには、稼いでないころからきちんと帳簿をつける。
収支を把握して経費を管理する。

万が一申告してなくても、この資料が手元にあると無いとでは違います。
たとえば、アドセンスからの振込みがある銀行口座の通帳、ブログやサーバー、ドメイン費用、バックリンク用サイトのSEO対策費用とかです。

月に数万円のアフィリエイト報酬が入るようになったらなるべく早く、個人事業主として開業届を出し、青色申告申請書も出しておくのがいいと思います。

気軽な副業としてアフィリエイトを始めてもいいのですが、アフィリエイトは給与所得ではなく事業所得にあたるので、おこずかい稼ぎとして片づけられないケースもあります。

ポイント報酬程度であればいいのですが、アドセンスは現金で支給されますので、事業所得になります。

年10万円程度の売り上げで経費を差し引いたら数万円というのであれば、ばれたところで溯りされたとしても追徴金はたかが知れているのですが、税務調査の印象としては良くはないです。(他にも申告してないことがあるのではないかと疑われるため)

そして、税務署に目をつけられて税務調査が頻繁に入るなんてことになりかねません。

一度税務署に目をつけられると、個人事業主から法人化した後も税務調査が入る可能性も高くなる傾向にあります。

税務調査は、自分の時間もとられますし、書類の提出も求められ大変時間と手間がかかるものです。

そういったことにならないように、アドセンスやアフィリエイトの報酬は少額のうちから計画をもって将来の報酬を高く見積もり、申告をきちんとしたほうが、自分の将来のためになります。

アドセンスの収入の確定申告
アドセンスで税務署から御用聞き?
アドセンス収益は溯り課税される?
うちの税理士さんは頼りにならない?
青色申告を自分でする際の注意
アドセンスの経費として申告できるもの
アドセンスの税金について
アドセンスは売上の管理がしやすい
アドセンスは消費税が非課税?
アドセンスに強い税理士の探し方
ITに強い税理士さんにお願いしよう
アドセンスで収益を上げ続けるために
アドセンスの収益の波
アドセンスで3000万円稼いだ私の体験
結局は資産型コンテンツの作成が重要
法人化したほうがいいと思う理由
ビジネスパートナーの重要性

管理人のプロフィール

アドセンスアフィリエイトからアフィリエイトをはじめ、脱サラしたサラリーマンです。今は法人化しひとりで株式会社をやっています。もう少し詳しいプロフィールはこちら